ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

後見代理人

私は7年前から主人の後見代理人(保佐人)をしてます。理由は躁状態になった時に
浪費を防ぐためです。買われた物も私が返すことができるからです。
一年に1度、家庭裁判所に2人の通帳コピー下したお金を何に使ったか?
毎月の金銭出納帳やレシート提出等々をうちの場合は前年度の
8月1日から7月末までをまとめて山のような書類作成をして提出しています。
1番守らなきゃいけないことは、主人の口座から私の口座に金銭を移すことが出来ないのです。それは横領になるそうで、あくまでも代理人(私)は本人(主人)の財産を守る義務付けされています。旦那さんの通帳から奥さんの通帳に入金すること等は皆さんはしていることなのに、それは旦那さんが急死した場合に税金がかからないからです。
凄い緊張感で5月位から書類作成するのだけど、疲れます。
提出前は徹夜するほど、とても大変です。そんな時私が思うのは5月6月は1番いい季節なのに、何でこんなことしなきゃいけないんだろう。主人が躁うつ病てなければやらなくていいのにと毎回思います。背中も肩もバリバリに凝ってフラフラになります。
はじめは1度買った物を裁判所がやりとりして返してくれるものかと思いましたが
交渉は私がしなければならない。その為、車のディラーや他にも買い物に行く場所があれば、本人(主人)が代理人、保佐人がいます。と伝えて下さいとのことです。
保険の1部解約や退職金の拠出年金(健常者は老齢年金として受け取るのだが、障害者は退職時に全額貰える)等々の手続きを全部私が行いました。
しかし私が保佐人になっても普段はあまり役に立たない。今は薬で収まっていますが
車の部品をネットで買う等々しょっちゅうでした。浪費癖かと思いましたが今の医師は病気の波だと仰います。ある程度は病状が落ち着いてもらわないと、これから年を取ってからの書類作成等も色々キツイです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。