ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

事件

一週間前、事件は起きた。主人にいつもの薬を飲むように勧めたらイライラし始めた。
躁状態になって、突っかかってきた。夜10時位『出ていけ』『死ぬ』なだめようとしても一切聞かずに飛び出して行った。私はけんかになるような事も一切していないので、訳解らずに、ただ怖かった。主人が出て行って私は寝室じゃない部屋で眠っていた。
目が覚めたら警察官が5人程私の目の前にいた。夜中の3時位
『奥さん大丈夫ですか?』『喧嘩になった原因は?』と聞かれ
私は薬を主人に毎日時間になると飲ませています。飲まないと言って急に怒り、暴れた。と説明したら、警察官が『奥さんがご主人に病気を治そうと看護しているのに、怒るとはなんだよ』と主人を叱りました。そこで主人が実は一種類の薬を飲むと怠くなり、口中痛くなるから飲んだふりをしていた。と警察官の前で言いました。ビックリでした。
警察官の一人と婦警さんがこれからこういう時はすぐに110番してください。警察から強制入院させると教えてくれました。警察官が主人に『いくら冷静に振舞っても現場を見れば解るんだぞ』と主人に強い口調で言いました。
ドアに私が鍵を掛けて主人が鍵を持ってなかったので、家に入れなくて、電話もチャイムも聞こえなかったので私を心配して警察の方と30分位チャイムやでんわをしていたそうですが、結局は鍵屋さんを呼んで鍵を壊して10万かかり、大騒ぎになってました。
警察官が退散した後に、主人はまた怒りだしました。婦警さんが気を使って下さりわたしの携帯に電話をして『大丈夫ですか身体暴力等無いですか?』私は警察官が退散した後にまた興奮していると伝えると『ご主人に代わって下さい』とのことでした。
主人と話し終わりもう一度、私に代わり『これ以上なにかあると逮捕します。今日は離れた所で眠ってかいわもしないで下さい』と注意されました。
主人が冷静になってきたのは夜でした。確かに薬でイライラしていた様子で反省し始めました。
薬が飲めないならもっと早く言えば良かったんだけど、先生の一押しの薬だったし、他の薬で十分落ち着いているというので飲まないことになりました。
今度もしこういう事があれば警察のお世話になることでしょう。『それがお互いのためであり警察官は民を守るのが仕事』とお回りさんが仰ったからです。今この文章を書いて私は再度怒りがこみ上げてきました。
わたしは夫の介護という項目なので書きました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。