ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

悲しみの波


母親が亡くなって17日が経ちますが、
まだまだ実感がわきません。
でも、時々もう会えないと思うと涙が溢れます。
私も姉も両親の臨終に合いませんでしたが
父は祖父とひい祖父の臨終を看取ったそうです。
昔は最後は家で家族が集まってお別れする傾向が多かった。
祖父は、とてもしっかりした気丈な精神力の持ち主でした。
最後の最後まで娘や息子の子供たち(孫)の名前を呼びながら、
あの子は元気か?勿論、姉や私のことも気にかけて家族に話しかけていたそうです。
でも、段々と呼吸が荒くなり寿命が来たそうです。
父は、臨終に立ち会ったけれど辛かったと言ってました。
死に目に会えないことも悔やむけれど、臨終に会うことも辛い。
人が亡くなるということは、悲しい事ですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。