ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

後見代理人

主人の後見代理人をしています。平成18年 シボレーを買うと言い出して市役所の無料相談弁護士さんに相談に行くと家庭裁判所に行って私が主人の後見代理人になれば主人の
買った物を返すことができる。と教えて頂きました。シボレーは買われてしまいましたがただし裁判所が代行するのではなく私が交渉するのです。後見代理人になるまで戸籍謄本、法務局や例えば家の土地面積、家の何広さを明記した書類、生命保険の証書のコピー 通帳コピー 医師の診断書等々全ての書類を提出して後見代理人になりました。主人は保証人になれないし、家の登記簿謄本を持ち出して借金するとかできません。毎年8月に家庭裁判所に書類の提出をするのですが、私の通帳から主人の通帳に送金することはいいのですが、逆の場合、主人の通帳から私の通帳に送金したらダメなんです。横領という事になるのです。書類は非常に細かくて全ての通帳コピー下ろしたお金を何に使ったか?収入から預貯金を引いた額と毎月の収支が合わないといけない。領収書を提出する、2、3か月前から真剣に始めますがとても疲れます。もし私のやり方を裁判官がOKしなければ第三者に貢献代理人を任せるのですが通帳も暗証番号も教えて現金だけを渡して貰う生活になります。その上月一万円を支払い尚且つ買った物を返す時には手数料が発生します。その金額は不明です。それでビクビクしながら貢献代理人をしています。一生続くのかと思うと嫌なんだけど主人の病気がある限り逃げられないです。これは本来ならしなくていい苦労だと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。