ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

旦那の病歴と別居のこと

それからしばらく離婚の意思を伝えましたが主人は私がいないと生きていても仕方ないもう一度やり直してくださいと言いました。両親は主人のお金が欲しかったのです。
入院費もいえのローンも主人の食費まで私の貯金から出してました。両親は私に主人を渡すべく必死に懇願、散々嫁いびりしたくせに、何様?仕方なくもう一度やり直すことになりました。主人は社会復帰したくて必死でした。今の医師は余り患者さんを増やさず、第一月曜日に電話が繋がった人だけ看るという特殊な方法でした。運良く電話が繋がり治療が始まりました!薬を全て変えて主人はディケアに通い初めて落ち着いて来ました。
アメリカではこの薬を飲むからと当時新しい薬が当たり、会社から関西転勤で社会復帰することになりました。初めは順調に行ったので私の苦労もやっと報われた。嬉しかった。
しかし2年も経つと仕事は休みがち早退がめだつようになりました。関西の医師は躁鬱病
に詳しくはなかったようです。沢山の薬を出して自分の体調に合わせて飲んで下さいという治療で躁状態を見抜けぬ医者でした。軽いうつ病ならそれでも何とかなるけれど、主人は毎日私に電話で今こんな症状が辛いから医師に相談してというので毎日のように医師と電話で話しをしたり、主人が病院に行ったり、少しずつでも良くなっていれば希望も持てたけれども、仕事早退してインターネットで買い物、夜中に車を触る等めちゃくちゃでした。一見普通に見えるから医師は会社に行きたくないのだろう。仕事に這ってでも行きなさいの一点張りでした。関西に行って6年後 長期休暇命令が出ていえに帰り前の医師に相談すると仕事にいけないのは病気の波だと教えられ、元のように働けないから将来的に楽な仕事に就けるようにしなさい。転勤はダメだと強く言われて2017年1月退職して現在の状況に至ります。まだまだ お先真っ暗のトンネルの中です。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。