ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

躁状態の主人が恐ろしい

昨日は 主人が突っかかってきてケンカになった。
私は口を聞かない行動をとったのです。でも追いかけてくる。誤ったから許せと命令に聞こえた。主人にされたことあげたらキリない程、痛めつけられている。私は何しても誤れば済む訳じゃない。部屋から出て行ってというと逆ギレして、ここは俺の家だ。お前が出ていけと言う。しかも雪の中でだ。昔 外車を買うのを反対した私をスプレーをライターで引火させて炎を出して玄関まで追い詰め、玄関にあったガラスの飾り等々割り、私の大切なものを壊した。実家に逃げた私は1年半間別居した経験がある。昨日私はフラッシュバックを起こしていた。双極性障害は遺伝なのだ。一生元には戻らないと医師が口をそろえて言う。主人は昨日は暴れそうになったという。抑えるのに必死だったと言う。
私が、何かしたのか?と聞くと主人は俺の病気だ。俺は死んだほうがいいとすぐに言う。
今日は昨夜眠れなかったといって夕方になっても起きてこない。私はこういうときにどうしていいか解らない。火曜日は病院は休みだし、取り敢えず昨日はジブレキサを飲ませ、
今日は朝きっちり薬を飲ませ、昼も飲ませた。相変わらず毎日泣くし慰めたり励ましたり
先生に一週間の出来事を報告したり、本当に身を削る想いをしていても、やはり病気なのだ、がっかりした。今日は胸が苦しいです。いつ離婚するか解らない。ずっと夫婦の中に溝があり、深くなっていくようだ。この一年間、非常に険しい道をたどってきた。やっと少し落ち着いたと思ったが、私が甘かったかも知れません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。