ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

躁うつ病という病魔の波


主人が昨日免許更新に警察から帰ってから、
泣き出し不安感があると言う
一昨日の夜から働けない自分が嫌だ。
こんな身体要らないと言い出した。
私が仕方ない 病気なんだからというと。
もう治らない。元に戻らないと医師からの宣告があるので、
私は一生病気の人は世の中に大勢いる。これから私達も年を取るごとに
色々な身体の故障が出てくる。
それは平等に誰にもリスクあるんだから仕方ないと言った。
主人は障害者年金で生活できるんだし今は仕方ないよねと落ち着いてきた。
昨日は警察から帰って来たらまた泣くんです。
若い警察官がバリバリテキパキと仕事をしているのを見て
情けなくなったというんですね。時々サラリーマン風の人や
例えば電気やさんがメーターを点検に来ても、
あの人は働いていると言って落ち込む。。
主人が、今服用している薬でシクレスト(1日二回服用 )
という薬が1番有効でこの薬の効果は
躁うつ病の波を小さくする効果だそうです。
一昨日、昨日はこのシクレストを飲んだら落ち着いて、
頓服で一昨日と昨日と今日ジブレキサという薬を1錠ずつ飲ませました。
ジブレキサ、セロクエル、(オランザピン)これは興奮状態を抑えます。
しかしうつ病にも効果があるので半年前位に2錠ずつ
1週間飲んだら躁状態になりました。私につっかかるし、
浪費するのが特徴でタイヤを買うと言い出したので
医師に話すと躁状態なのでジブレキサ中止になりました。
そして今日は先の不安感、病気がよくならない。
体が動かない、怠い等々いいながら泣き出して、
イライラして暴れだしそうと言うのです。
私はもう簡便して欲しい。こっちがおかしくなると言いましたが、
病気なので反省して落ち着く訳もなく、
医師は21日まで連休の為に薬局の薬剤師さんに相談したら、
ジブレキサをもう1錠飲んでみてくださいとのことで飲ませました。
また何かあれば携帯電話に電話するように言ってくださったので有り難いです。
主人は病気で働けないということを認知しているのですが、
まだまだ割り切れないようです。
しかも躁うつ病は遺伝、親から子供への遺伝なので、
割り切って明るい気持ちで治療しないと時間がもったいないよというと
主人はそうだねというのですが、結果はイライラして暴れたいとの事、
少し落ち着けばいいけれど、入院にいつなるか解らない。
私もストレスの限界を超えています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。