ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

主人の借金 裏切り

私は当時、むち打ち症とうつ病、不安神経症と診断。
ランドセンという、てんかん発作、
けいれん止めの薬を処方されました。
家に帰って薬を飲むと痺れが楽になりました。
一年半ビリビリ痺れて一生治らないかも
どうしようと不安だったのに凄いと思いました。
嬉しさで涙が出ました。


主人は初めはうつ病と診断でした。
通院が続いても主人は元気になりませんでした。
病院にも行けず、私が東京の病院に行くことも多くなりました。
パニックで胸が苦しい、不安定な私がです。
幸い、途中で倒れることもなく、ラッシュは避けたので
なんとか無事に帰宅出来ました。


休暇3か月後に主人が、私に黙っていたことがあると言いました
私たちは隠し事が無いのが自慢でした。


だから、軽い気持ちで、何?と聞くと…銀行で借金がある。
信じられないという私に主人は書類を見せました。


11月1日のレシート100万は車の改造でした。
事故が8月なのでその後でした。



私は躁うつ病だと確信して身体が震えました。
翌日に医師に告げると、私を1人残り、医師に言われました。


ご主人は躁うつ病です。主人を観察して欲しい。
いつも近くにいる人は変化に気が付くものです。
協力してください。


動揺している私は、とんでもないです。躁うつ病は治らないでしょう。
主人とは縁を切りたいと告げると
医師に、あなたもなるかもしれないよと言われて、
まさにその通りだと思いました。


治療は投薬治療、何度も薬を調整して、
てんかん発作止め、デパケン、躁状態や怒りっぽさを抑える薬
抗うつ剤が処方されました。つづく



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。