ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

暗黙の掟

先週の通院日に先生に、昔の友に会いたいが障害者年金で暮らしていることを話すべきか相談してみました。
友達は家に遊びに行きたいと言うので主人が自宅療養中と告げたことを話すと、
先生は他の患者様で障害者年金を貰っている人が健常者が理解することは難しい、
明らかに手足が不自由な人ならば理解するだるうが、
うつ病などの場合は見た目は普通でしかも友達に会ったときは、テンション上がって喋るから、余計に元気なのに何でお金を貰っているの?と思われるだけだから、決して言わないようにと諭されました。
でもどうやって生活をしているの?と聞かれたらなんて言えばいいのですか?
との問いに先生のは貯金を切り崩しているとか適当に答えなさい。
それは嘘とは違うと仰いました。常識で大人が色々きかないと思うよとも言いました。


私は過去一人の友人だけに話しましたが、ある時急に、
メールで私に生きがいは何か?と聞いてきて、働かないでお金だけと思うなら仕方ないけどと露骨に言われたことがありました。とても傷つきました。
彼女は正社員で共働き。じゃあ あなたの生きがいは何か?と聞くと、
自分はお金より人と繋がっていたいとの答えでした。
意味不明なメールでした。彼女は決して悪い人ではないけれども、生活の為に無理して働いているが口癖です。
その後攻撃的な言動があったので何があったかは知らないけれど八つ当たりもやめて欲しい。とハッキリ言うとそれからは本音で話しをするようになりました。
横道に反れましたが、例え親しい人でもお金の話は慎重にしなければならないこと。暗黙の掟ですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。