ponbooのブログ

夫婦二人で障害者年金で生活

母の危篤状態と復帰

19日に86歳の母が心筋梗塞でカテーテルを通す手術をしたところ。成功したと姉から電話あり、姉との電話中に病院からの電話ですぐに来て欲しいと連絡あり、主人と病院へ車で行く。姉の家から30分。私は2時間かかる。埼玉の上尾の中央病院。CCUという無菌室へ駆けつけると母は心停止で心臓マッサージで復活したが意識もなくて姉夫婦、姪、主人と私は泣きながら死なないで、今までありがとうと覚悟の言葉をかけていた。4回位、心停止。その度に心臓マッサージで復活したが肋骨も折れてこれ以上出来ないと医者から言われた。身体中に管が刺され意識は無くなった。家族控室という個室に案内されて、いつなにがあっても呼べるように姉、私、主人が泊まり込み。廊下で足音が聞こえる度にハラハラした。次の日母の意識が戻り、話が出来た。医師が奇跡です。長年の間にこのような事は初めての経験ですと言われ、皆が安心した、母が喉が乾いたというので水を含ませたスポンジで唇を濡らす。おなかが痛いというので、軽くさすると母が楽になったと言う。しかし安渡も束の間また容態が悪化。心臓からの血液が行かないために多臓器不全になり、医師の説明でもう後は神様しか分からないと言われ。私が希望はありますか?と聞くと、希望が無いとの答え。医師は5人のチームで足の付け根から心臓に管を通したりと手を尽くしてくれたが、ひん死の状態が続く。最後に首から管を通して電気ショックを与える方法。しかし母を苦しませるだけかもしれないと言われこのまま見送りましょうと言われたが最後のチャンスにかけた。2日後医師から話があると言われて家族が聞いたところ。心臓にカテーテルを通した映像と入院中に脳梗塞を起こしていた脳の写真の説明をして左半身麻痺。しかし心臓が持ちこたえたので多臓器不全が改善されたので明日一般病棟に移りましょう。と言われた。また奇跡が起きた私たちはビックリして先生のおかげす。深くお礼を言い。次の日に一般病棟のナースステーションの前の病室に母は移り、1週間の泊まり込みは終わった。しかし、むくみや点滴だけなのでまだ油断は禁物です。何人もの看護師さんがこの状態でよく持っていますねと驚いていた。母に話しかけてくれたり、父の写真を見せてうなづいたと言って下さり、私は有難くて有難うございましたと涙が流れた。看護師さんも泣いて、看護師は泣いちゃいけないんですと仰ってましたが。先生方も看護師さんも優しくて、心から感謝いたします。


今日は病院の日

先生に車が来ることについて主人がお金に対しての危機感がない事。ここ数か月お腹が空いて主人が朝方4時くらいにコンビニで食べ物を買うので食費が2万5千円になった事(前は平均1万5千円)生活費が2、3万オーバーしていること。を告げると。食欲があり過ぎたりものに執着する時は、躁状態の傾向があることを伝えると。うーん少し頭を冷やして考えなさい。そうじゃないと強い薬で何も出来ない寝たきりにするよ。と厳しいお答でしたあーあ 参ったな。またか~というのが私の心境。一生病院に隔離ということです。
このまま、頭を冷やせるならいいけれどね、疲れました。そろそろ後見代理人の書類作成を8月中に提出する仕事が待っています。それもまた大変で、ただでさえ疲れるし、主人が躁うつ病なので仕方なくしているわけです(主人が購入したものや、契約したことを破棄する権利があるから)でもしなくてもいい苦労だと思います。人生狂ったな。自由が欲しいです。

苦しめないで


いよいよ今週末に中古車が来ます。でも60万のお金が出ていくのは非常に痛いんですよね
更に主人がフラッシングオイル(エンジンの中をきれいにする)今の車ステレオを取り付ける。フラッシングオイル。中古の傷を直したい。当然私は必要な物だけは用意されているのに、60万が無くなるんだよ!中古車だから気楽に使うと言ったでしょと言い合いになるわけです。担当者さんに電話で問い合わせると、まずステレオはサイズや配線の問題があるので無理。フラッシングオイルは今はしなくてもいいと言われました。
車が来るから興味があるのはわかるけれど勘弁して。だいたい私が後見代理人をしている意味がないんです。主人は60万が無くなった危機感がないみたいで、車が来るのが憂鬱な私です